これならストレスも怖くない!短時間で誰でもできるストレス解消法

これならストレスも怖くない!短時間で誰でもできるストレス解消法


ストレスの原因と影響

人間関係や責任感といった要因からストレスを感じる人は多いでしょう。ストレスの原因は過労や生活騒音など他にもいろいろあり、個人によって異なります。人間がストレスを受けると、交感神経が優位に立ち、副腎皮質ホルモンやアドレナリンが分泌され、これによって血圧や血糖値が上がり、胃酸過多や免疫力低下といった事態を招きます。交感神経が優位を保ち続けると、副交感神経が抑制され、自律神経の乱れを修正できません。そのため、リラックスできずにストレスが蓄積してしまうでしょう。

毎日少しずつやれば効果が出るストレス解消法

ストレス解消法は、買い物や読書など人によって異なりますが、誰でも簡単にできる方法があります。まず、朝の散歩が挙げられるでしょう。可能なら毎朝9時までに自宅の近所を20分ほど散歩するだけで、かなりストレスが発散されます。これは、歩くことにより軽く汗をかく運動になるという面もありますが、それ以上に日光を浴びてセロトニンの分泌を促すという意味が大きいのです。朝の散歩により朝日を浴びて脳内快楽物質のセロトニンが分泌されると、爽やかな気持ちになれます。

また、ロングブレスと呼ばれる呼吸法もストレス解消効果が得られます。ロングブレスとは、「長い息」という意味ですが、具体的には4秒間大きく息を吸って6秒間ほど息を止め、その後7秒くらいかけて息を吐き出すという方法です。息を止めるのが苦手な人は、吸ってからすぐ吐き出してもかまいません。その際は息を吐く時間を長めに取りましょう。12秒から20秒程度かけて吐けば効果があると言われています。

品川の心療内科は繁華街にあるので、通院しているときに、ついでに別の用事をいろいろ済ませることができます。